ワクチン シェディング対策)重曹、NACS、レモン、パインオイル でアルカリ化

【Dr アリアナ ラブ・シェディング解毒のレシピ】鍵はアルカリ性

先日義父が来ていた事をその翌日に書きました。

junkannosekai.hatenablog.com

 

【Dr アリアナ•ラブ シェディング解毒のレシピ】www.bitchute.com

Drラブは接種者はメタリックでケミカルで腐ったような臭いがすると言っています。

予防接種を受けた人のそばにいると悪臭がするんです。すみません、そうなんです、臭うんです。それはそれは金属的なステントで、金属的な化学物質と腐ったような、腐敗したような感じです。人が本当に有毒になったときの組み合わせです。予防接種を受けた人の周りにいると、まず呼吸困難に気がつくでしょう。接種者が排出するナノ粒子を吸入や経口摂取してしまうのです。皮膚から貫通し、上皮細胞を攻撃して細胞分裂する時?体の他の部分に酸素を送って疲労させる。はじめに倦怠感を感じるのです。そして咳をしたくなる。その後もナノ粒子は攻撃を続けるのでずっと続くのです。

そしてここからが「初日の緊急プロトコル(対策)」です!

心臓に問題があるのなら小さじ1/4、心臓に問題がないのなら小さじ1/2杯の重曹と500mlの水にレモンかライム半分を絞って入れます。それと1200mgのN-アセチルシステイン(NAC)を2錠摂取。これであなたの体をアルカリに押し上げます。

ここが鍵なのです。研究によるとナノ粒子は初めに肺に入って外部のペイロードを放出し、それが腸に達すると別のペイロードを放出します。このペイロードがとにかく移動します。でもペイロードを放出できるのは体が酸性に傾いている時だけです。尿が酸性に傾いているとそのペイロードが活動できるのです。

ということは、体を酸性にせずバランスを保てていれば、ナノ粒子は悪さをできずにそのまま流れていってしまいます。ナノ粒子がキャンセルされるのです!

酸化グラフェンのナノ粒子はプログラムが可能なのです。ナノロボットがあるのは知っていますが、それは基本的にナノテクノロジーを使っているので、プログラム可能なのです。上皮細胞のような特定の細胞をターゲットにして、体の残りの部分の酸素をカットすることができるのです。それが彼らのプログラムなんです。

重曹とNACSとレモンで、それがアルカリ性であることがわかりますね。この処方を使うとこれは緊急用で、初日は基本的に終わりですが、効果はあります。トランスミッションを停止させるのに十分です。そうすれば、トランスミッションを破壊することができます。そうしないと、この金属粒子が体内に残り あなたに苦痛を与えるのです。

またこれが効かなかったら、次の自家製療法を始めたこともありました。

レモンの皮を使います。農薬や薬品のついていないオーガニックのレモン2個の皮をカットして、2−3カップの水に入れて、蓋をして、15分煮ます。デリケートな栄養素を保つためには15分でいいのす。キニーネを取るために2時間煮込む人もいますがそれは病気の時です。これは免疫力を高めナノ粒子のデトックスをするためのものなので15分でいいのです。それを濾して冷ましてオーガニックの蜂蜜を少し入れて飲むのです。

それでも効かなかったら、pine oilです。1日に20〜30滴、30〜40滴でもいいです。口の中にドロップするだけです。酸化グラフェンを解毒しますし、血栓ができる事を防ぎます。

junkannosekai.hatenablog.com